行政書士ってなに?業務内容は?
「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務

日本では、生活、仕事を行うのに許可・認可が必要なことが 多くあります。そのための申請書も相当多数あることになります。その数は1万種類を超えるとも言われます。 行政書士は、これらの、省庁、都道府県庁、市役所・区役所などの官公署に提出する書類 に関しての 相談、作成・提出の代理を主な業務として行います。

「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務

トラブルを避けるため、契約書など権利義務に関する書類の作成が 重要視されております。しかし、トラブルになりやすいという問題点があります。書類を作成するには、専門的知識が必要なのです。 行政書士は、ニーズに応えて契約書や遺言書、内容証明、協議書などの作成を行います。

「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿、申述書等があります。

業務の種類

form